全史料協 近畿部会 ブログ

公文書研究会 地方自治の黎明 -明治期滋賀の町村のかたち- (滋賀県庁 11月14日)

全史料協近畿部会 公文書研究会

 公文書研究会は、滋賀県との共催にて、下記の通り講演会を開催いたします。
 全史料協福岡大会と日程が重なりますが、お集まりいただければ幸いです。

 日 時:平成26年11月14日(金)13時半~15時
 場 所:滋賀県庁新館7階 大会議室
      JR琵琶湖線大津駅北口より東へ300メートル
      reikai123-map.png

 講 師:高久嶺之介氏 (京都橘大学教授)
 演 題:地方自治の黎明-明治期滋賀の町村のかたち-
 内 容:滋賀県が保有する歴史的文書(公文書)は、一群の資料として良好な状態
     で保存されており、平成25年3月には県指定有形文化財にも指定されてい
     ます。これら貴重な文書は、過去に起こった出来事を知るにとどまらず、
     今日の県政の課題を考える上で重要なものです。
      県政資料室では、謙が保有する歴史的文書を広く知っていただくため、シリ
     ズ「歴史的文書を考える」をテーマとして、毎年後援会を開催してきました。
      今年は「地方自治」をテーマに選び、明治以降の地方行政のあり方を歴史
     的に振り返る機会を設けました。滋賀県では、町村自治の伝統が明治維新
     後も上手く機能していたといわれています。平成の市町村合併から数年が経
     ち道州制の議論も始まりつつある現在、地方自治の黎明期に立ち返り、あら
     ためて長期的な視点から「地方自治」のかたちを考えてみたいと思います。

 関連展示があります。
  題 目: 滋賀県会のはじまり
  期 間: 平成26年11月10日(月)~平成27年1月22日(木)
  時 間: 9時~17時  (土、日、祝日は閉室)
  場 所: 滋賀県庁新館3階 県政史料室  

 
 
  1. 2014年11月04日 22:30 |
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全史料協役員会の報告

去る6月20日(金)、会長県である広島県立文書館において全史料協の
役員会が開かれました。

出席者は、八津川会長(広島県立文書館長)以下副会長2名、理事7名
(1名は代理)、監事1名、事務局2名、随行者2名でした。

まず報告として、26年度の役員変更(異動による)、前回の役員会会議
報告、事務局・委員会・各地域部会の報告が行われました。
続いて、協議として平成25年度の事業計画および決算報告、監査報告、
平成26年度の事業計画および予算案が協議され了承されました。
また、ワーキンググループを作って作成されている「組織業務改善計画」
の2次案が示され意見交換が行われました。さらに次期(21期)役員体
制および個人会員役員の選任手続きについて話し合われました。

概要としては上記のとおりですが、2点かいつまんでご紹介します。
まず、今年度の大会です。平成26年度第40回全史料協全国大会は福
岡県九州大学箱崎キャンパスで行われます。
日程は11月13日(木)から14日(金)です。
会場は地下鉄箱崎線箱崎九大前駅もしくはJR鹿児島本線箱崎駅(両駅
とも博多駅から10分程度)から歩いて5分の旧工学部本館を中心に行わ
れ、交通アクセスは便利だろうと思われます。
大会テーマは「今求められている資料の公開と利用」だそうで、近畿部会
第126回で報告していただく予定の「「わたしの歴史」と「わたしたちの歴
史」-サンフランシスコGLBT歴史博物館を事例にして-」と重なるテーマ
ではないかと考えます。
大会委員長である白井氏からは、特に西日本の市町村で資料の公開や
閲覧について工夫をしているところがあれば紹介して欲しいとのお話しも
ありました。もし情報がありましたらメールフォームなどをご利用いただき
お寄せいただければ幸いです。

27年度の大会については秋田県大仙市が手を挙げていただいているそ
うです。

次に「組織業務改善計画」についてですが、近畿部会同様、全史料協自
体も現在組織運営に大変苦しんでおり、どのように業務を省力化して、
事業主体となる事務局や委員会の運営を安定させるかを去年度・今年度
の2年をかけて検討しているところです。
部会についても改善計画の中に書かれている部分がありますが、26年
度の大会には正式の文書が出るとのことなので、これを受けて、近畿部
会においても議論ができればと考えております。

文章が長くなって申し訳ありません。この辺で全史料協役員会の報告を
閉じさせていただきます。

ご意見・ご感想等がありましたら、是非メールフォームにてお寄せください。
              (徳島事務局 金原 随行者として参加)
  1. 2014年06月21日 16:27 |
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成26年度総会および第125回例会について

この火曜日ですが、平成26年6月17日、徳島県立文書館において総会および
第125回例会を開催しました。
雨で足下の悪い中、またご遠方、不便な徳島までおいでいただきありがとうござ
いました。

総会には12名、例会には16名の参加がありました。

総会では、25年度事業および予算の報告、26年度事業および予算の報告等が
行われ、基本的に了承されました。
また、会則の一部改正が行われました。このことにつきましては、別の記事にさ
せていただきます。
さらに、ご意見として今後 ○事務局事務の一層のスリム化、○外部との連携強
化、○研修的な(会員に直接役立つ)例会運営、○全史料協親会の大会テーマ
や方向性との整合、○例会等のさらなる活字化(全史料協会誌『記録と史料』な
どとのさらなる連携)などの課題が出されました。
これらのご意見を踏まえまして、例会の円滑な運営、確実で広範な広報、などの
事務局の仕事に当たっていきたいと存じます。皆様、一層のご支援をよろしくお
願いいたします。
 第125回例会の概要等につきましては、別の記事とさせていただきます。
                                   (徳島事務局 金原)
  1. 2014年06月21日 14:44 |
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンスリーニュースの配信について

会員の皆様方にお送りさせていただいた、「マンスリーニュース115号」に掲載しましたとおり
「マンスリーニュース」の配信をこれまでの紙による印刷物の形での送付から、立ち上げまし
たこのブログへの掲載もしくはメールへの送付を中心にしていきたいと考えています。
こうしたWEB配信に対して、ご理解・ご協力をお願いいたします。

 会員の皆様(機関会員・個人会員・通信会員を全て含む)には、必ず下記のアンケートに対
してご回答ください。御返答は、下記の方法でお願いいたします。


マンスリーニュースの配信方法について(○を付けてください)
 1 ブログに掲載する画像(JPEGファイル)を会員各自で見る。
 2 メールで受け取る。(下記を受け取り先のメールアドレスとする)
 3 これまで通り紙で送って欲しい。(理由:            )

 氏  名  (         )                        
 住  所  (                             )
 電話番号 (   -     -      )                        
 メールアドレス                     
  FAX・メール・郵送にて下記までご回答ください。   
  FAX   088-668-7199
  ◎このブログのメールフォームをご活用きださい。
送り先  〒770-8070 徳島市八万町向寺山           
          徳島県立文書館内  全史料協近畿部会事務局

会員の皆様、お手間をお掛けいたしますが、回答方よろしくお願いいたします。
  1. 2014年06月06日 19:15 |
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

投稿用メールフォームを作成しました

このブログを昨年10月に立ち上げて、早5ヶ月が経過しようとしています。
このたびブログの左下にメールフォームを作成しました。
このメールフォームは、皆様の投稿にご利用いただければと考えています。
所属での企画展示や講座、研究会の開催、資料保存に関わる新刊の紹介、
会そのものへのご意見、例会への感想など何でも結構です。
名前の蘭に、ご所属と、会員・非会員の別をお書きいただければなおありが
たいです。
事務局で確認の上、ブログへ掲載いたします。(メールで確認させてもらう
ことがあるかもしれません。)

このメールフォーム立ち上げを機会に、パイロット版の文字をとり、本格的
に運用という形にしたいと思います。(形だけで、 内容は変わり映えしま
せんが)今後ともよろしくお願いいたします。
                         (事務局 金原)
  1. 2014年02月15日 15:46 |
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0