全史料協 近畿部会 ブログ

第131回例会のご案内(詳細) 2/27(土)開催

第131回の例会について詳細が決まりましたのでご案内申し上げます。

日時:2016年 2月27日(土)  13時30分から16時30分まで

場所:西宮市勤労会館 第8会議室

    交通 JR西宮駅から徒歩7分 阪神西宮駅より徒歩10分

テーマ:「被災資料の救済を考える -被災自治体の立場から-」

講師: 基調講演  青木 睦 氏 (国文学研究資料館)
     事例報告1 倉持 敏 氏(茨城県常総市総務部総務課法制室長)
     事例報告2 西向宏介 氏(広島県立文書館)
     コメンテーター 林貴史 氏(茨城県常総市総務部総務課文書保全指導員)

内容: 1995年の阪神淡路大震災、2011年東日本大震災と、日本はこの20年の間に、
    2度の大規模で広域な被災地を生じる災害に見舞われた。それだけではなく、台
    風・豪雨などによる局地的被害も絶えない。当然のことではあるが、被災地におい
    ては、人命救助・ライフラインの復旧が優先であり、歴史資料担当職員もその対応
    に追われ、歴史資料の救済への対応にあたることは難しい。
      アーカイブに携わる部署・担当者がどのように対応すべきか、被災自治体の事
    例をもとに考える。

 この例会もオープン参加のシンポジウムの形式をとらせていただきます。多数のご来場
をお待ちしております。                         (金原)
 


 
  1. 2016年01月25日 00:04 |
  2. 例会案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月16日(土) 尼崎にて第130回例会を開催します

既報通り1月16日(土) 尼崎市総合文化センター7階 会議室 にて
全史料協近畿部会 第130回例会を開催致します。

 講師は、森本 祥子 氏 (東京大学文書館准教授)、東京大学という公的機関にて
どのように法人文書、および寄贈・寄託される関連文書を整理されているのか、またそ
の成果としての目録をどのように編成されているのか。実践を踏まえたお話を聞かせて
いただけるものと思います。
 また、後半は講演者・コメンテーター・コーディネーターの3名によるやりとり、パネルデ
ィスカッションも予定されています。多数の方のご参加をお待ちしております。

■と き  平成28年1月16日(土) 午後1時30分~4時30分

■ところ  尼崎市総合文化センター7階 会議室
       所在地:〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目7-16
       電 話:06-6487-0800
       交 通:阪神尼崎駅北東に徒歩5分

■テーマ  「東京大学文書館における資料管理のとりくみについて
                             :理論の理解と実践の試み」

■報告者  森本 祥子 氏 (東京大学文書館准教授)

コメンテーター:松崎裕子氏(企業史料協議会理事/渋沢栄一記念財団企業史料プロジェクト担当)
コーディネーター:河野未央氏(尼崎市立地域研究史料館)
  1. 2016年01月11日 11:52 |
  2. 例会案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全史料協近畿部会第130回例会のお知らせ

平成27年度近畿部会第130回例会を下記のとおり開催しますので、
ご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

■と き  平成28年1月16日(土) 午後1時30分~4時30分

■ところ  尼崎市総合文化センター7階 会議室
       所在地:〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目7-16
       電 話:06-6487-0800
       交 通:阪神尼崎駅北東に徒歩5分 http://www.archaic.or.jp/guide/access.html
■テーマ  「東京大学文書館における資料管理のとりくみについて
                             :理論の理解と実践の試み」

■報告者  森本 祥子 氏 (東京大学文書館准教授)
■内 容  今講演会では、東京大学文書館において、継続的に受け入れる
       大学の法人文書と、寄贈・寄託の史料群について、それぞれに応
       じた目録作成を模索しておられること、また、それに対応するISAD
       (G)やオーストラリア・シリーズ・システムといった基準類との関係を
       どう考えるか、等を取り上げます。
        後半は講演者・コメンテーター・コーディネーターの3名によるやり
       とりを行い、最後のディスカッションに繋げていきます。
コメンテーター:松崎裕子氏(企業史料協議会理事/渋沢栄一記念財団企業史料プロジェクト担当)
コーディネーター:河野未央氏(尼崎市立地域研究史料館)
  1. 2015年12月16日 22:58 |
  2. 例会案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

全史料協近畿部会第129回例会のお知らせ(11月18日)

全史料協近畿部会第129回例会を下記の通り開催いたします。奮ってご参加
ください。

             記
日時:2015年(平成27年) 11月 18日 (水) 午後1時30分~4時30分

場所:  大津市京町四丁目1番1号
      滋賀県庁東館7階 大会議室
      JR大津駅より徒歩5分

テーマ:「歴史的文書を考える」

講 師:宇佐美英機氏(滋賀大学経済学部教授)

内 容:滋賀大学経済学部附属史料館館長を兼任されている講師より、歴史的文書
    をもとに江戸時代活躍した近江商人が、明治という新しい時代をどのように生
    き抜いたかについてお話しいただく。
     併せて、講演後は、講師である宇佐美氏と意見交換を行う。
     さらに、県政史料室の施設見学や、同時開催されている関連展示「滋賀の
    商業と近江商人」の見学も行う。



  1. 2015年10月25日 20:45 |
  2. 例会案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あさって近畿部会第128回例会です。(8/12 三重県総合博物館)

近畿部会の第128回例会はあさって、8月12日午後2時から午後4時30分まで、
三重県総合博物館、3階レクチャールームで行われます。

多数の方のご参加をお待ちしております。

   (運営委員 金原)
  1. 2015年08月10日 23:39 |
  2. 例会案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0