全史料協 近畿部会 ブログ

近畿部会第128回例会の開催(8/12 三重県総合博物館)

 平成27年度近畿部会第128回例会を下記のとおり開催しますので、
ご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

近畿部会第128回例会

■と き  平成27年8月12日(水) 午後2時~4時30分

■ところ  三重県総合博物館 レクチャールーム
所在地:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田3060
電 話:059-224-2057
交 通:近鉄名古屋線・JR紀勢本線・伊勢鉄道 津駅西口下車
    バス89系統総合文化センター行き 「総合文化センター」
    下車すぐ      http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/

■テーマ  「三重県総合博物館における公文書館機能と資料閲覧利用」

■報告者  藤谷 彰 氏 (三重県総合博物館 展示・資料情報課 主幹)
■内 容  今回の例会は、三重県総合博物館が有する公文書館機能に
注目します。
   三重県総合博物館は、平成26年4月19日に、人文科学及び自然科学
の両分野にわたる資料を総合的な立場で取り扱う総合博物館として開館しま
した。三重県総合博物館の特徴の一つは、図のように、博物館資料である文
書資料(史料)の内、三重県が作成した公文書が、歴史資料文書へと変質す
る一連の流れにおいて、博物館資料として収集し、保存し、閲覧することを博
物館のシステムの中に取り入れていることです。
 この特徴の背後には、博物館が収集、保存し、調査、研究、展示、教育普及
のサイクルに乗せていく史料について、公文書館法と公文書管理法を博物館
機能に包括させていることが挙げられます。
 このように、公文書館機能を取り入れて開館した博物館は、あまり類例があ
りません。その意味で、三重県総合博物館では、史料閲覧という公開機能に
おいて、史料をどのように取り扱っているのか。とても関心の高いところです。
 この例会では、三重県総合博物館の取り組みと実際を体感できる好機会で
す。多数の御参加をお待ちしています。 
  1. 2015年07月27日 23:49 |
  2. 例会案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://jsai-kinki.com/tb.php/56-dbd8d06d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)