全史料協 近畿部会 ブログ

第127回例会について

 全史料協近畿部会では、6月26日(金)、総会のあと第127回例会を下記の通り開催いたします。
 例会には、会員以外の方でも積極的にご参加いただければと思います。近代のアーカイブズに
関心のある方お誘い合わせの上是非ご参加ください。

 と き : 2015年(平成27) 6月26日(金) 14:40~ (近畿部会総会の後です)
 ところ : 京都府立総合資料館 2階 会議室
 テーマ: 「戦争体験を伝えていくために -アーカイブが背負う使命-」
 講師 : 加藤聖文 氏 (国文学研究資料館 准教授)
 内容 : 戦後70年の今年は、これまで同時代感覚で捉えられてきた戦争体験が、
 過去の歴史として捉え直されていく転機となるでしょう。アーカイブズに関わる私たち
 にとっては、これからは歴史化していく個々人の戦争体験をどう後世へ伝えていくか
 といった課題に向き合わなければなりません。
  講演ではこのような前提に立って、なぜアーカイブズは戦争体験に取り組まなけれ
 ばならないのか、またそのなかで具体的にどのような課題がよこたわっているのか、
 その課題をどう乗り越えていくべきかについて、戦争犠牲者に関わる記録を軸に海外
 も含めた具体例を挙げながら問題提起していきたいと思います。
  1. 2015年06月19日 22:46 |
  2. あいさつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://jsai-kinki.com/tb.php/52-68f376d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)