全史料協 近畿部会 ブログ

企画展示「世界に挑んだ近江の茶―明治輸出奮闘記―」が開催中です(滋賀県県政史料室~3/19)

滋賀県立県政史料室から、企画展のお知らせです。
 滋賀は古くから茶とかかわりが古く、大津市には伝教大師最澄が
唐から持ち帰った茶種を植えたという伝承をもつ「日吉茶園」があり
ます。その茶は幕末の開国以降、日本の海外貿易の花形として一
躍脚光を浴びることになります。明治20年代末に綿糸に追い抜かれ
るまで、茶は生糸に次ぐ輸出額を誇っていました。
 今回の展示では、私たちの日常になじみ深い茶の輸出をとりあげ、
明治政府・滋賀県が茶の輸出拡大に向けてどのような取り組みをし
ていたのかを追ってみたいと思います。世界経済の荒波の中で奮
闘する彼らの姿からは、「グローバル化」という言葉が飛び交う現在
に生きる私たちも学ぶところがあることでしょう。

○展示名 「世界に挑んだ近江の茶―明治輸出奮闘記―」
○期間  2015年1月26日(月)~3月19日(木)
○場所  滋賀県県政史料室(滋賀県庁新館3階 県民情報室内)
                  (滋賀県県政史料室・機関会員)
  1. 2015年02月09日 22:02 |
  2. 会員情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://jsai-kinki.com/tb.php/46-77ea805d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)