全史料協 近畿部会 ブログ

近畿部会第123回例会および第45回公文書研究会

近畿部会第123回例会および第45回公文書研究会

■と き  平成25年10月18日(金) 午後1時30分~4時00分

■ところ  滋賀県庁 新館7階 大会議室
       JR琵琶湖線大津駅北口より東へ300メートル

       

■テーマ  「公文書の現状と課題」

■報告者  松岡 資明 氏(日本経済新聞社 記者)
  
■内 容
 平成25年3月に滋賀県県政史料室が保有する歴史的公文書が、滋賀県の有形文化財に指定されました。そこで、滋賀県との合同企画で行う今回の第123回例会は、「公文書の現状と課題」と題して松岡資明氏(日本経済新聞記者)にご講演いただきます。
 本講演では、平成23年4月に公文書管理法が制定されてから、公文書がどのように管理・保存されてきたかを松岡氏ご自身の取材を元に語っていただきます。公文書は、一般の方には普段の生活から縁遠いものと思われがちですが、人々の生活に関わる記録であり、適切に保存・管理される必要があります。本公演では、歴史的公文書の大切さを理解するよい機会となるでしょう。

※講演終了後、近畿部会の会員のみ1時間程度の意見交換の場を設けております。是非ともご参加ください。
※なお、本例会は、滋賀県との共催となります。
  1. 2013年10月10日 14:00 |
  2. 例会案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/11/07(木) 15:47:50 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://jsai-kinki.com/tb.php/3-d365a000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)