全史料協 近畿部会 ブログ

企画展示「近代湖国の観光ビジョン―東洋の瑞西となす―」を開催中(滋賀県県政史料室 7/25まで)

 外国人観光客の誘致と聞くと、最近の観光振興策のように思われるかもしれませんが、
滋賀県では100年前から外客誘致の事業を展開していました。
 今回の展示では、「近江八景」に代表される滋賀県の近代の風景や、それを「東洋の瑞
西(スイス)」と称し世界の観光地として売り込んでいく取り組み、さらには外国人観光客を
もてなすためにつくられた琵琶湖ホテルの建設事業を紹介します。
 大正から昭和初期の景観利用や宿泊地整備から、現代の外国人観光客誘致を考えてみ
ませんか。

○展示名 「近代湖国の観光ビジョン―東洋の瑞西となす―」
○期 間 2014年5月26日(月)~7月25日(金)
    (土曜日、日曜日、祝日は閉室)
○場 所 滋賀県県政史料室(滋賀県庁新館3階)

詳しくは下記ホームページまで

滋賀県県政史料室HP
  1. 2014年05月27日 16:42 |
  2. 会員情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://jsai-kinki.com/tb.php/25-8a006130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)