全史料協 近畿部会 ブログ

第126回例会「「わたしの歴史」と「わたしたちの歴史」 ―サンフランシスコGLBT歴史博物館を事例として―」(8/7・大阪)

全史料協近畿部会例会を下記の要領で開催いたします。ご参集ください。

■と き  平成26年8月7日(木) 午後2時00分~4時30分

■ところ  大阪市立総合生涯学習センター 第8研修室
大阪駅前第2ビル5階(北区梅田1-2-2-500)
地下鉄御堂筋線梅田駅・四つ橋線西梅田駅・谷町線東梅田駅、阪急電鉄
梅田駅、阪神電鉄梅田駅より徒歩5分。

■テーマ  「わたしの歴史」と「わたしたちの歴史」
           ―サンフランシスコGLBT歴史博物館を事例として―

■報告者  藤吉圭二(高野山大学)

■内 容  ゲイ・タウンとして知られるアメリカのサンフランシスコにはGLB
      T歴史協会があり、GLBT歴史博物館はこの協会によって2011年
      に設立されました。これは「当事者による当事者の歴史の展示」
      の試みとして、人権回復運動という視点からも興味ぶかいものと
      いえます。
       ゲイだけでなく性的マイノリティーは、アメリカにおいてさまざま
      な理由によって差別を受けてきました。そうしたネガティブな面も
      含め、多くの現物資料をもとに「わたしたちの歴史」を再構成し、
      当事者だけでなく多くの人々に知ってもらおうと試みているのがG
      LBT歴史博物館です。
       報告者は2011年9月にこの博物館を訪問し、その後もメールな
      どによって関係者に聴取り調査を進めています。当日は現地で
      撮影した写真と共に調査内容をご報告します。またサンフランシ
      スコ以外に訪問した博物館等での写真も交え「わたしの歴史」と
      「わたしたちの歴史」の交差について考えてみたいと思います。
        「わたしの歴史」と「わたしたちの歴史」を重ね合わせる作業
      には、プライバシーへの配慮や、敵対した過去を現在の視点か
      らどう位置づけるかといった困難な課題を含みます。GLBT歴史
      博物館の実践を中心に、他の博物館の展示も参考にしながら、
      これらの点についても考えていければと思います。
      ※GLBT:ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダ
      ーの略称。LGBTとすることも多い。
  1. 2014年07月23日 17:25 |
  2. 例会案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【マンスリーニュース116号の発行】

【マンスリーニュース116号】を発行しました。
この号から、このブログにPDFデータを貼ることになりました。
(アンケートでは、JPEGデータで貼ると書いていましたが、PDF
データを貼ることが可能になりました。問題がある場合は、事務
局までお知らせ下さい。)

それでは、下からご覧ください。

マンスリーニュース116号

過日(6/21)に開催された第22回全史料協近畿部会総会の
議事録を同じくPDFで貼ります。下からご覧ください。

第22回総会議事録

8月7日(木)に行われる第126回例会のお知らせもPDFで貼って
おきます。


第126回例会お知らせ


マンスリーニュースへの感想や、会へのご要望などがありました
ら、メールフォームをご活用いただければと思います。
それでは、今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2014年07月20日 15:52 |
  2. マンスリーニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

企画展示「富岡製糸場と滋賀の繊維産業」がはじまります(滋賀県県政史料室 7/29より)

滋賀県は古くより農家の副業として、養蚕・製糸業が発達した地域です。

明治維新後も、世界文化遺産への登録が決まった富岡製糸場(群馬県
富岡市)に、彦根から全国最多の子女が派遣されました。明治11年には
同製糸場から帰郷した彼女らの技術を生かして、彦根の地に県営製糸場
が設立されることになります。 県下初の模範工場として設立された彦根
製糸場は、滋賀の繊維産業の工業化に大きな役割を果たしました。

その他今回の展示では、江戸時代より続く湖北の伝統産業「浜縮緬」や、
昭和戦前期に全国生産高の半分を占めた湖南のレーヨン工場など、近代
滋賀の代表的な繊維産業を紹介してみたいと思います。

○展示名 「富岡製糸場と滋賀の繊維産業」
○期 間 2014年7月29日(火)~9月11日(木)
    (土曜日、日曜日、祝日は閉室)
○場 所 滋賀県県政史料室(滋賀県庁新館3階)
  1. 2014年07月20日 13:31 |
  2. あいさつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火垂るの墓を歩く会(8/2、8/5) 

火垂るの墓の墓を歩く会のご案内です。
 よろしければどうぞご参加ください。
 ウォークのお手伝いをいただくボランティアも募集しています。
 
 野坂昭如氏の小説『火垂るの墓』の舞台となったゆかりの地を歩きながら、
戦争の歴史について学びます。今年も西宮コースと御影コースにわけて、2日
間のプログラムとして実施します。          

1日目-御影コース- 
〔日 時〕 2014年8月2日(土)午前9時30分~11時30分
〔コース〕 午前9時30分 阪神石屋川駅南側公園集合 → 上中 → 石屋川
公園 → 御影公会堂 → 成徳小学校 → JR六甲道駅 解散  
〔距 離〕 約2.5km
 
2日目-西宮コース- 
〔日 時〕 2014年8月5日(火)午前9時30分~11時
〔コース〕 午前9時30分 阪急苦楽園口駅改札口集合 → ニテコ池 →
→ 阪急夙川駅 解散
〔距 離〕 約2km
〔オプショナルツアー〕(阪急夙川駅で一旦終了し、その後はオプショナル
 ツアーとします。参加希望の方はどなたでもご参加いただけます。)
 阪急夙川駅 → 香枦園浜・回生病院 解散 約2km 午前12時頃終了

〔参加方法〕申込不要。いずれの日も午前9時30分までに集合場所にお越し
      ください。資料代として1部あたり100円をいただきます。

主 催 「火垂るの墓を歩く会」実行委員会
http://homepage3.nifty.com/koko-legend/hotaru/index.htm

協 力 神戸空襲を記録する会
    歴史資料ネットワーク
   (神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター気付)

問い合わせ先
mail a-tsujikawa@nifty.com
TEL090-9691-4106(ただし午後6時~8時及び実施当日)
                                    (辻川)
  1. 2014年07月20日 13:27 |
  2. 会員情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0