全史料協 近畿部会 ブログ

ごあいさつ

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 近畿部会

 文書資料は地味で、とっつきにくい印象がありますが、歴史を伝えるものとしては他に変わるべきものがないほどの情報量を持っています。国の公文書館法には「国及び地方公共団体は、歴史資料として重要な公文書等の保存及び利用に関し適切な措置を講ずる責務を有する」とあり、国及び地方公共団体には歴史資料として重要な公文書等(またそれに準ずる歴史資料としてのさまざまな文書)を保存し利用に供する責務を持っているのです。
 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(通称:全史料協)はこうした文書記録を中心とする記録史料を保存し、利用に供している機関会員と、この会の目的に賛同して入会した個人会員で構成する全国団体で、1976年(昭和51年)に発足しました。そのうち近畿での地域別協議会として準備会が1989年(平成元年)7月8日に発足し、正式の部会としては1993年(平成5年)5月20日に発足し、丸22年を迎えています。また、2015年8月までに128回の例会を開催したほか、マンスリーニュース、機関誌ネットワークの発行等の活動を行っています。

 このブログでは、全史料協近畿部会の諸行事の予定などを発信すると共に、近畿という地域の資料保存や利用に関する話題を皆さんで共有する広場になればと考えています。ご投稿やご意見を広くお待ちしています。 

 ご質問・ご入会等については
 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 近畿部会 事務局
(事務局は、2年間で交代していきます)
京都府立総合資料館 (現会長は顧問 井口和起)
 電話番号 075-723-4836  FAX番号 075-791-9466
 
  1. 2020年10月08日 12:00 |
  2. あいさつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第127回例会について

 全史料協近畿部会では、6月26日(金)、総会のあと第127回例会を下記の通り開催いたします。
 例会には、会員以外の方でも積極的にご参加いただければと思います。近代のアーカイブズに
関心のある方お誘い合わせの上是非ご参加ください。

 と き : 2015年(平成27) 6月26日(金) 14:40~ (近畿部会総会の後です)
 ところ : 京都府立総合資料館 2階 会議室
 テーマ: 「戦争体験を伝えていくために -アーカイブが背負う使命-」
 講師 : 加藤聖文 氏 (国文学研究資料館 准教授)
 内容 : 戦後70年の今年は、これまで同時代感覚で捉えられてきた戦争体験が、
 過去の歴史として捉え直されていく転機となるでしょう。アーカイブズに関わる私たち
 にとっては、これからは歴史化していく個々人の戦争体験をどう後世へ伝えていくか
 といった課題に向き合わなければなりません。
  講演ではこのような前提に立って、なぜアーカイブズは戦争体験に取り組まなけれ
 ばならないのか、またそのなかで具体的にどのような課題がよこたわっているのか、
 その課題をどう乗り越えていくべきかについて、戦争犠牲者に関わる記録を軸に海外
 も含めた具体例を挙げながら問題提起していきたいと思います。
  1. 2015年06月19日 22:46 |
  2. あいさつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

企画展示「県会解散の日―白熱する明治の議場―」が開催中です(滋賀県県政

企画展示「県会解散の日―白熱する明治の議場―」が開催中です
(滋賀県県政史料室~5/21)

滋賀県立県政史料室から、企画展のお知らせです。
 今年は4年に1度、地域の代表を選出する統一地方選挙の年であり、本県でも県議会
選挙が行われます。かつて県議会は県会と呼ばれ、数々の議論が交わされてきまし
た。そのなかでも、明治20年代の県会は、1、瀬田川の鉄橋架設、2、彦根への県庁移
転、3、坂田・東浅井両郡合併をめぐって、大変白熱したことで知られます。
 今回の展示では、議員たちの地域に対する思いが、県会での議論を通じてどのよう
に表現されているかを見ていきたいと思います。
○展示名 「県会解散の日―白熱する明治の議場―」
○期間  2015年3月23日(月)~5月21日(木)
○場所  滋賀県県政史料室(滋賀県庁新館3階 県民情報室内)
  1. 2015年04月02日 01:01 |
  2. あいさつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

企画展示「富岡製糸場と滋賀の繊維産業」がはじまります(滋賀県県政史料室 7/29より)

滋賀県は古くより農家の副業として、養蚕・製糸業が発達した地域です。

明治維新後も、世界文化遺産への登録が決まった富岡製糸場(群馬県
富岡市)に、彦根から全国最多の子女が派遣されました。明治11年には
同製糸場から帰郷した彼女らの技術を生かして、彦根の地に県営製糸場
が設立されることになります。 県下初の模範工場として設立された彦根
製糸場は、滋賀の繊維産業の工業化に大きな役割を果たしました。

その他今回の展示では、江戸時代より続く湖北の伝統産業「浜縮緬」や、
昭和戦前期に全国生産高の半分を占めた湖南のレーヨン工場など、近代
滋賀の代表的な繊維産業を紹介してみたいと思います。

○展示名 「富岡製糸場と滋賀の繊維産業」
○期 間 2014年7月29日(火)~9月11日(木)
    (土曜日、日曜日、祝日は閉室)
○場 所 滋賀県県政史料室(滋賀県庁新館3階)
  1. 2014年07月20日 13:31 |
  2. あいさつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第99回近世古文書研究会の開催について

平成26年も明けて約一月がたちました。早いものです。

 さて、この1月18日(土)に、奈良県婦人会館において、
第99回近世古文書研究会が開催されました。

 12名の参加があり、高野山大学密教文化研究所受託
研究員森本和彦氏のお話をうかがいました。

 近世以前の高野山地域は、高野山領であることもあり、
民俗的にも、古文書の内容としても現在の自治体行政の
枠を超えた文化圏となっていることを述べ、いままで自治
体を中心に行われてきた資料保存や公開についての動き
についてでした。
 資料の利用や公開について考えさせる興味深いお話で
した。

 さて、次は2月25日に、大阪市総合生涯学習センター
(大阪駅前第2ビル5階)にて例会を、3月1日には奈良
県婦人会館にて第100回記念の近世古文書研究会を
開催する予定です。多数おいでいただければ幸いです。


 
  1. 2014年01月28日 12:32 |
  2. あいさつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0