全史料協 近畿部会 ブログ

ごあいさつ

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 近畿部会

 文書資料は地味で、とっつきにくい印象がありますが、歴史を伝えるものとしては他に変わるべきものがないほどの情報量を持っています。国の公文書館法には「国及び地方公共団体は、歴史資料として重要な公文書等の保存及び利用に関し適切な措置を講ずる責務を有する」とあり、国及び地方公共団体には歴史資料として重要な公文書等(またそれに準ずる歴史資料としてのさまざまな文書)を保存し利用に供する責務を持っているのです。
 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(通称:全史料協)はこうした文書記録を中心とする記録史料を保存し、利用に供している機関会員と、この会の目的に賛同して入会した個人会員で構成する全国団体で、1976年(昭和51年)に発足しました。そのうち近畿での地域別協議会として準備会が1989年(平成元年)7月8日に発足し、正式の部会としては1993年(平成5年)5月20日に発足し、丸22年を迎えています。また、2015年8月までに128回の例会を開催したほか、マンスリーニュース、機関誌ネットワークの発行等の活動を行っています。

 このブログでは、全史料協近畿部会の諸行事の予定などを発信すると共に、近畿という地域の資料保存や利用に関する話題を皆さんで共有する広場になればと考えています。ご投稿やご意見を広くお待ちしています。 

 ご質問・ご入会等については
 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 近畿部会 事務局
(事務局は、2年間で交代していきます)
京都府立総合資料館 (現会長は顧問 井口和起)
 電話番号 075-723-4836  FAX番号 075-791-9466
 
  1. 2020年10月08日 12:00 |
  2. あいさつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

滋賀県県政史料室企画展「近江米の挑戦」(11/2まで)

 現在近江米といえば、平成27年(2015年)に特Aランクの評価を受けた「みずかが
み」に代表されるように、その優れた品質が全国で高く評価されています。江戸時代
には京都の御備米と呼ばれ、大都市京都の胃袋を支えました。初代滋賀県令松田道之
も、その米質を高く評価し、今後海外の輸出が盛んになれば、現在の「江州米」から
「日本ノ名物品」になるだろうと述べたものです。
 しかし明治8年(1875年)の地租改正を契機として、その名声は地に落ちることに
なります。租税が全て金納になったことから、米質の規制が弛緩し、小粒で粗悪な米
が広がっていったのです。滋賀県産の米は「江州の掃き寄せ米」と酷評されるように
なり、県内関係者はその汚名を払拭するため大いに苦心しました。その長い米質改良
の過程で生まれた品種「滋賀渡船」は、現在「幻の酒米」として復活し、県を代表す
る酒造好適米として知られています。
今回はそのような近江米評価の変遷と、県内関係者による様々な米質改良の取り組
みをご紹介します。古来より一貫して高い評価を受けていたと思われがちな近江米で
すが、その長い歴史のなかには、毀誉(きよ)褒貶(ほうへん)の時代と関係者の並々な
らぬ努力があったことを、多くの方々に知っていただく機会になれば幸いです。

展示題目 近江米の挑戦

展示期間 平成28年9月26日(月)~平成28年11月2日(水)

展示場所 県政史料室(県庁新館3階 県民情報室内)

開室日時 月曜日~金曜日(祝日を除く)
午前9時~午後5時

展示内容 滋賀県に所蔵されている公文書等、全18点(複製含む)

問合せ先 県政史料室(滋賀県県民生活部県民活動生活課県民情報室内)
       電話 077-528-3126 FAX 077-528-4813
       E-mail kenmin-j@pref.shiga.lg.jp
  1. 2016年09月24日 19:12 |
  2. 会員情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全史料協三重大会のお知らせ(11月10日・11日  10月14日迄に申し込み)

今年度の全史料協大会は、三重県で下記の通り開催されます。

全史料協近畿部会の一員である三重県立総合博物館が受け入れの中心となっています。

是非幅広くご参加いただければと思います。

■ 開催要項         
1 期  日  平成28年11月10日(木)・11日(金)

2 会  場  男女共同参画センター 「フレンテみえ」(三重県総合文化センター)
         〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234 電話059‐233‐1111(代表)
         三重県総合博物館 MieMu
         〒514-0061 三重県津市一身田上津部田3060
         電話 059‐228‐2283  Fax059‐229‐8310

3 主  催  全国歴史資料保存利用機関連絡協議会
4 共  催  三重県
5 後  援  独立行政法人国立公文書館 三重県教育委員会 津市 津市教育委員会
         三重県歴史的・文化的資産保存活用連携ネットワーク 三重県博物館協会  
6 内  容
(1)総 会
(2)大会テーマ研究会
(3)研修会(視察を含む)
(4)機関会員・協賛企業展示、ポスターセッション
(5)交流会

 詳細・申し込み等は下記をご覧ください

全史料協第42回三重大会
  1. 2016年09月23日 22:57 |
  2. 会員情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第135回例会のお知らせと、マンスリーニュース127号

第135回例会を下記のとおり開催しますので、ご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

近畿部会第135回例会

■と き  平成28年11月16日(水) 午後1時30分~15時00分

■ところ  滋賀県庁 新館7階 大会議室
JR琵琶湖線大津駅北口より東へ300メートル

■テーマ  「未来に引き継ぐ公文書 ―時代を超えた共有資源―」

■報告者  井口和起 氏(全史料協近畿部会会長 京都府立総合資料館顧問 
福知山公立大学学長)
  
■内 容  公文書とは、県民の生活を支える職員の日々の業務によって生み出
される行政文書であると同時に、現代の人々がどのようにその時代を生きたかと
いうことを示す歴史資料ともいえます。いわば現在の状況を投影する鑑のような物
であり、作成した県職員に留まらず、過去から未来へ受け継がれる時代を超えた
共有の知的資源にほかなりません。
 この講演では、京都府立総合資料館館長・顧問として長らく公文書館および行政
文書の世界に携わってこられた井口和起氏を講師に迎え、多角的な視点から公文
書の持つ歴史的な価値についてお話しいただきます。


※ 講演後、同時期に開催している関連展示「湖に生きる人々と暮らし(仮)」(場所
 滋賀県庁新館3階県政史料室)の見学も行います。是非ご参加下さい。

マンスリーニュース127号を掲載します。

マンスリーニュース127号表
マンスリーニュース127号1

マンスリーニュース127号裏
マンスリーニュース127号2
  1. 2016年09月23日 22:41 |
  2. 例会案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外アーカイブ・ボランティアの会によるUNHCRでの活動報告会 11月21日

海外アーカイブ・ボランティアの会によるUNHCRでの活動報告会が下記の要領で開催されます。

 UNHCR セルジオ・V・デ・メロ氏資料
       整理と研究
~国際機関アーカイブ整理プロジェクト報告会~

 日時 2016年11月21日(月)
 時間 14:00~16:00
 場所 (株)カネカ 東京本社 会議室
    〒107-6028 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル

 お問い合わせ・参加申し込みはメールで kaigaiarchiv@gmail.com

詳しくは下記のチラシ画像をご覧ください。

チラシ表
チラシ表

チラシ裏
チラシ裏

                          (金山 正子)
  1. 2016年09月23日 22:24 |
  2. 会員情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0